婚約指輪の知識の泉

Fountain of Knowledge about Engagement Ring

メインイメージ

婚約指輪にもデザインがいろいろ

婚約指輪にまつわる話で意外と多いのが、
『もっと違うデザインがよかった・・・』
『気持ちは嬉しかったけれど、リングのスタイルが好きになれない・・・』
といったちょっと悲しい後悔です。

贈る側も贈られる側も、せっかくこれから幸せに結ばれるはずなのに、
婚約指輪の事で後悔するのは悲しすぎませんか?

そんな事態に陥らないように、
エンゲージメントリングの種類についてしっかりと予習しておきましょう。

ダイヤモンドのデザイン

エンゲージリングに付ける宝石の定番となったダイヤモンド

色褪せない輝きは永遠の愛の象徴とされています。

ダイヤにもさまざまなスタイルがあることをご存知でしょうか?

『ラウンドブリリアントカット』
皆さんが一番先に頭に浮かぶダイヤの形がこのスタイルではないでしょうか?

円形で中心から輝きが広がるようにカットされており、
品が良く、最も人気のスタイルです。

『ハートシェイプ』

その名の通り、ハート形のとってもキュートなスタイルです。

愛の表現にもピッタリで、人気が高まっています。

『オーバルシェイプ』
とってもゴージャスな楕円形のスタイルです。

『ペアーシェイプ』
涙型のスタイルで、とてもおしゃれに仕上がります。

『マーキースシェイプ』
ラグビーボールのような形をしています。

カットも洗練されており、ダイヤを目立たせたい時にぴったりです。

これらのスタイルは、リングのデザインによって合う・合わないが出てきます。
しっかり吟味すると良いでしょう。

リングのデザイン

リングにも実にさまざまなデザインがあります。

人気の高い、洗練されたスタイルをご紹介します。

まずは、『爪なし・爪あり』を選びましょう。
爪なしはリングに石を埋め込んでいるので、日常生活で邪魔になりません。

爪ありは、爪によって高さをだし、ダイヤをより輝かせるスタイルです。

いよいよリングのスタイルです。

『ソリティア』
これぞエンゲージメントリングといった上品なスタイルです。

シンプルなリングですが、形をアレンジしたものも豊富で飽きがきません。

『エタニティ』
同じダイヤをラウンドさせるスタイルです。

普段付けていても邪魔になりにくいので人気が高まっています。

『メレ』
メレと呼ばれる小さなダイヤをメインのダイヤに添えたスタイルです。

メレをダイヤ以外の宝石にすることも出来るので、
自分らしい指輪を作りたい方にも人気です。

『パヴェ』
メインのダイヤ以外に、メレダイヤをリングに敷き詰めるスタイルです。
とても煌びやかな印象になります。

相談も大切

どんなスタイルのエンゲージリングにするか、
パートナーと相談し合って決めることも大切です。

女性だけでなく、お互いに気に入って一生大切に出来る婚約指輪を見つけましょう。
こちらのオススメサイトの婚約指輪を決める相場についての解説も、是非参考になさってみてください。