婚約指輪の知識の泉

Fountain of Knowledge about Engagement Ring

メインイメージ

結婚指輪と婚約指輪

結婚指輪の違いと婚約指輪の違いがあまりわからないという人は意外に少なくありません。
実はこれらは全くの別物であり、渡すタイミングだけが異なるという訳でもありません。

簡単に言えば、下記の様な違いがあります

【婚約指輪】・・・結婚式などで新郎新婦が互いに交換する指輪
【婚約指輪】・・・プロポーズなどの段階で男性から女性に贈る記念品
(特にきまりはなく、指輪ではなく他の品でも良いとされている)

ここでは、そういった基本的な知識を解説しています。
必要不可欠な知識ですし、常識的な部分もあると思いますが、
マスターしておいて損はないでしょう。
また、こちらの婚約指輪と結婚指輪を購入する場所についての解説も合わせてご覧ください。

婚約指輪について

別名「マリッジリング」とも言われているリングです。
結婚式などで交換するために、一般的には二本必要になります。

相場は二本あわせて25万円程度と言われています。
つまりひとり分で10万円程度が平均のコストです。

もちろん、この金額にとらわれる必要はありません。
高くても安くても愛を誓うことが出来れば何の問題もありません。

ただし、あまり派手すぎるデザインは一般的ではありませんし、不便になってしまいます。
普段の日常生活からずっと着け続けるものなので、引っかかったりすると厄介です。

それゆえに婚約指輪と比べるとシンプルなものが選ばれています。
素材に関しては特に決まりはありません。
好きなものを選びましょう。

用意する時期は結婚式を目安にしましょう。
注文したからといって、その日につけられるものではありません。
それ故に、ある程度の余裕を持って注文しておきましょう。

注文にはエンゲージリングと同じくオーダーメイドやレディメイドの選択肢があります。

婚約指輪について

別名エンゲージリングとも言われている指輪です。

必ずしも用意したりプレゼントする必要があるというわけではありません。
一般的にはダイヤモンドの宝石とプラチナを素材にしたリングが送られます。

マリッジリングとは異なり、交換するのではなく男性が女性に贈ります。
その為、必要になるのは1本だけです。

相場は30万円から40万円と言われていますが、こだわりすぎる必要はないでしょう。
自分達の予算感に応じて購入してOKです。

これを贈るかわりに腕時計や旅行などをプレゼントすることもあります。
あくまでも結婚記念品ですが、一生の宝物にもなるので指輪を贈る人が多いようです。
全体の6割から7割はエンゲージリングを送っています。
残りの3割は別のプレゼントを用意しています。

上記の知識を活かして、リング選びを行ってみてください。

高価な婚約指輪ですが、母親から娘へ相続するという習慣、文化もあるそうですね。
遺産相続にお悩みの方はこちらのサイトもご覧ください。
http://xn--zz2an1k.jp/